お財布に優しい風俗店

気を付けているのは言葉遣いです

風俗で遊ぶ時に何よりも気を付けているのが言葉遣いなんですよ。フランクに話しかけるようにしているんですけど、でも初めは敬語でしゃべるようにしています。今の時代、いろいろとデリケートじゃないですか。風俗嬢はそこまでデリケートじゃないっていうか、フランクに話しかけて怒られたことはないんです。でも、もしかしたらお客云々ということを抜きに、やっぱり初対面の相手には敬語を使ってもらいたいって思っている風俗嬢もいるかもしれませんので、初めは敬語で話します。そこで「敬語なんてやめてよ」みたいに言われたらフランクに話すんです。相手に選択肢を委ねるのも、大人のやり口なんじゃないのかなって(笑)自分で勝手に決めるのではなくて、どうするのかってことを相手と共に考えるんです。そう考えるだけでも、それはそれで面白いというか、む白それこそが大人として風俗を楽しむためのちょっとしたあざとい腹黒さでもあるんじゃないのかなって(笑)

やっぱり実力ですよね

風俗で求めるのはやっぱり実力です。ルックス、スタイルといった外見。これらは問わないとは言いません。良いに越したことがないとも思いますけど、でも絶対的なものではないんですよ。だってどれだけ外見が良くっても何もしてくれなければ意味がないですしね(苦笑)それよりも、どれだけ満足させてくれるのかこそ、風俗で求められていることなんじゃないのかなって思いますし、自分もそこを重視しているということに気付かされたんですよ。だから風俗で遊ぶ時には、最近はテクニックですね。テクニックに関する口コミをチェックするようになりましたし、キャリアも何気にチェックするようになりました。新人がダメとは言いませんけど、やっぱりベテランの方がそれなりのキャリアがありますので、男のことをよく分かっていますし、テクニックの引き出しも相当なものがありますよね(笑)テクニック重視で楽しむようになってから、風俗では外れが無くなったような気もしますし。