お財布に優しい風俗店

大失態からの大満足

会社で大失態をしてしまったんですよ…。しかも社長の前で。ゾっとしたというよりも、もう解雇だなと(苦笑)損失を出したとかではないんです。ちょっとした失礼をしてしまったんです。しかも会社内だけであればともかく、社長の取引先の相手にまで失礼をしてしまったんです。だからかなりショックでした。これはもう終わったなと(苦笑)良い会社だっただけに残念と思いつつ、取り敢えずそのショックを癒してもらえるのは風俗しかないだろうってことで風俗まで行って女の子に愚痴って抜いてもらって。こう言った時、風俗嬢の存在って本当に助かりますよね。男にとってこれ以上ありがたい存在はないんじゃないのかなとも思いますよ(笑)だってあれだけ優しくしてくれたらこっちだって心が揺れるというか、これだけのことをしてくれるのであればそれはもう間違いないだろうって気持ちになるのもある意味では当たり前のことなんじゃないのかなって。そんな気持ちですよ(笑)

風俗に隠されているロマン

風俗って快感のための場所ではありますけど、快感だけを追求しなければならない場所ではないんです。快感も含めて、女の子との時間を楽しめば与野で、いろんな形で楽しめばよいんですよ(笑)そういったお客はおそらくいないだろうなとは思いますけど、話して終わりってだけでも別にルール違反ではないですしね(笑)まぁそれなら他の水商売に行った方が割は良いだろうって思いますけど、それはそれで別に違反ではないし、ブラックリストに入れられるようなこともないんですよ。つまりは、快感も含めてどのような時間を楽しむのかは、すべて自分次第ってことですよね。自分がどういった形で楽しみたいのかによって、選ぶべき風俗嬢やジャンルが変わってくるってことなんじゃないかなって思うんですよね。その点を意識すると、じゃあ何を楽しむのが良いのかってことが見えてくるというか、分かってくる部分も大きいんじゃないのかなってことで、いろいろと模索しています(笑)